医者

専門治療で病と闘う!~脳梗塞やがん、高血圧の予防と治療~

咳や痰が初期症状のがん

看護師

胸腺というのは心臓の上の方にある臓器で幼少の頃には免疫力を高める働きをしますが、成人になると脂肪組織に変わります。その脂肪組織にできるのが胸腺腫瘍です。これは進行すると肺や心臓などに広がるので、早期発見で摘出手術をします。初期症状が出にくいので咳や痰などが止まらない時には医師の診察を受けます。

この記事を読む

病院検索サービスを使う

病院

病院を選ぶ際には、病院検索サービスを利用するのがおススメです。地域ごとに、病院の詳細情報が得られるからです。また小岩には糖尿病専門医がいます。専門医は総合内科医と比較しても、糖尿病に関しては、知識・経験ともに信頼度が高いと言えます。小岩で糖尿病外来を受診するなら、専門医を選ぶのがおススメです。

この記事を読む

高血圧と喫煙が招く病気

女性

脳動脈瘤を予防するためには、喫煙と高血圧を避けることが大切です。ヘビースモーカーの方が禁煙をする場合は、禁煙外来を受診するのがおススメです。また高血圧を避けるためには、塩分・水分の摂取量に気を付けましょう。そして、下半身の筋力強化に努めましょう。そうすることで、脳動脈瘤のリスクが減少します。

この記事を読む

脳の血管が詰まったら

男性

薬剤の投与

血栓の詰まりが原因でできてしまう脳梗塞はいくつかの治療方法があります。原因となっている血栓を取り除いてしまう方法ですがこの処置は早ければ早いほど脳にダメージが少なく、病後に起こる身体のマヒも少なくて済みます。薬剤を投与することで脳内の血栓を溶かしてしまう方法があります。発症後数時間のうちにこの薬剤を体内に投与することで血栓を溶かしてしまう方法で、脳梗塞を起こした人がなるべく早い時間に専門医に運ばれてくることが条件です。薬剤の投与の時間を過ぎてしまえばその効果はありません。突然に倒れて意識を失ってしまったり手足のしびれが出てきたり、視野の狭窄が起こってきたときなどためらうことなく医師の診断を受けてください。

カテーテルを差し込んで

脳梗塞を含めた脳疾患は増加傾向になっています。特に脳梗塞は増えている傾向になっています。血栓を溶かしてしまう薬剤の投与のほか、現在は外科的にカテーテルを差し込んで脳内の血栓を取り除いてしまう方法も行われています。発症後多少の時間がたっていても有効な方法になっています。脳梗塞は発症してから相当な時間がたっていれば何の手の施しようもない病気です、酸素や栄養が行き届かなくなった細胞は、やがて壊死を起こして脳内で膨張していきます。その膨張してしまった細胞で正常な細胞もダメージを受けてしまうことにもなりかねない病気です。命を落としてしまう人も多くいます。まず脳梗塞の兆候である手足のしびれや、ろれつが回らない、視野が狭くなったなどの症状があるときはすぐによくなったからと安心しないで、そんな時こそ医師の診断を仰いでください。

Copyright© 2015 専門治療で病と闘う!~脳梗塞やがん、高血圧の予防と治療~All Rights Reserved.